常任幹事会議事録 2017.07.19

2017年7月19日午後7時~9時 大阪市立総合生涯学習センター 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、伊達(22)、岡部(28) 常任幹事長=澤(24)、組織推進部長=中野(24) 常任幹事=上林(29)、清水(45)、末信(47)、玉川(52) 第35回当番幹事=古賀(41)、高橋(41) 文責=鈴木 1.第34回総会の総括(鈴木・報告) ・参加者は会員108人、来賓11人で計119人。 ・100周年プロジェクトチームが組まれ、常任幹事一丸となって取り組んだため、非常にうまく進んだ。 ・写真データの手配は山本会長が花田副校長に依頼してくれるなど、本部との連携がうまくいったのも、今回の成功の一因である。データの処理は岡部副会長はじめICTサービス部が頑張ってくれ、見応えあるものになった。 ・100周年記念ということで「鏡開き」をしたが、末信さんの尽力で格安でできた。 ・「思い出の歌コーナー」は村嶋副会長の準備が万全だった。予想以上に盛り上がり、来年も開催を望む声があった。 ・申し込んだにもかかわらず参加者名簿に反映されていない人が7人いて、受付が少し混乱した。 ・総会収支は別表参照。84,072円の黒字であった。 ・100周年グッズの配布について…枡は当日出席していてもらえなかった2人に、参加者の枡の中から渡すように手配する。100周年クリアファイルは増刷が可能なら会費を納めていて総会に不参加だった人(100人程度)に配布する。 2.第35回総会について(鈴木・報告) ・来年は5月19日(土)、ホテルエルセラーン大阪を予約済。例年5月第2土曜であるが、ホテルの都合で1週間遅らせての開催となる。 ・41回の古賀さん、高橋さんの紹介。 3.総会案内ハガキ発送後の名簿メンテナンスに関して(岡部・報告) ・今年は既存の関西会員657人に加え、本部の名簿に掲載されていて関西の名簿になかった414人、計1071人に総会案内状を送付した。出席・欠席等のレスポンスがあったのは279人(26%)、宛名不明142人、回答無し650人。ご逝去、退会希望を反映すると現在の会員数は905人となる。 4.福高生修学旅行関西地区研修スケジュールの報告(清水) ・11月12日~16日の修学旅行の最終日の関西地区研修では、弁護士事務所研修(淀屋橋・山上合同=清水)とパナソニック訪問=石津の2班に分かれて研修。石津・清水がそれぞれ対応。 5.企画運営部からの報告(上林) ・ビアパーティー(8月25日)はスーパードライ梅田で19:00~。会費5000円。ラグビー観戦は末信から発信。 6.組織推進部からの報告(中野) ・学年幹事の見直しのため、現在の学年幹事に意思確認のハガキを送ったがレスポンスが非常に悪い。総会出席者に携帯電話番号を聞いたので、ショートメールを送るなどして、学年幹事を依頼したい。 7.会計部からの報告(井上) ・会費納入者の目標である200人を達成し、会費納入額が40万円を超えた。 8.ICTサービス部からの報告(岡部) ・新HPの使い勝手を聞きたい。操作マニュアルを作成予定。アクセス権を設定するので、投稿してほしい。 以上

常任幹事会議事録 2017.05.17

2017年5月17日午後7時~9時 大阪市立総合生涯学習センター 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、伊達(22) 常任幹事長=澤(24)、副常任幹事長=石津(28)、組織推進部長=中野(24) 常任幹事=上林(29)、末信(47)、武尾(48)、監査=渡部(45) 文責=鈴木 1.平成28年度決算/平成29年度予算(井上会計部長) ・平成28年度決算と29年度予算に関して、監査の渡部さんが適正かつ正確に処理されていることを認め、全員一致で承認 2.平成28年度活動報告/平成29年活動計画(澤幹事長) ・澤幹事長の活動報告と平成29年度の計画説明に関して全員一致で承認 3.総会の進捗状況確認と最終打ち合わせ(鈴木) ・30回当番幹事の宝徳さんが招待したい恩師数人に交渉したが、断られたと報告があった。総会までの時間があまりないこともあり、今年は恩師を招待しないことに決定 ・100周年記念で鏡開きを行う(決定)。末信さん経由で酒樽(4万円程度)と枡100個手配してもらう。枡は1個200円程度。お土産として本部からクリアファイルの購入も予定しているが、こちらも予定通り進める。 ・本部が制作するCD、記念式典・総会の写真入手に関しては、本部窓口の古川さんにICT部で確認し、作業を進める。 ・「懐かしの歌」コーナーの候補曲について、選曲しYouTubeからダウンロードを進めている(村嶋副会長) ・100周年アンケートのフリーアンサー部分は小冊子にして総会時に配布(鈴木) ・今回は30回当番幹事が1人しかいないため、常任幹事全員に総会運営の手伝いをお願いする。全員12:00にホテル集合 4.今年度の行事に関して(企画運営部・報告) ・ビアパーティーの会場は例年通りスーパードライ梅田。今年の新年会会場は、来年使えないので、新しい会場を梅田中心に探している(上林) ・利き酒の会は参加者が10数名となった(末信) 5.ICTサービス部からの報告(武尾) ・新しいHPの準備を進めているので、懇親会のときに説明の時間をとってほしい。6月ぐらいに開設の予定 以上

常任幹事会議事録 2017.04.19

2017年4月19日午後7時~9時 大阪市立総合生涯学習センター 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、伊達(22)、岡部(28) 幹事長=澤(24)、副幹事長=石津(28) 幹事=中野(24)、宝徳(30)、板澤(35)、渡辺(45)、武尾(48)、玉川(52) 文責=板澤 1.平成28年度決算と平成29年度予算について (井上) ・関西総会が例年より遅い開催となったのに伴い「関西朝ぼらけ」の発行も4月になったが、「関西朝ぼらけ」の発行費は平成28年度決算に入れ込み監査を受けることに決定。 ・平成29年度よりホームページ運営が有料になるのに伴い、ホームページ運営費は項目として立てることに決定。 (年額11,800円なので丸めた数字として20,000円) 残りを予備費とする。 ・予算報告書/活動紹介を表裏1枚で書面化することに決定。 総会は、あくまで報告の場。(決議機関は幹事会) 2.百周年プロジェクト進捗および総会準備報告(鈴木) ・総会案内は、名簿上1,063通送付(うち郵送は1,050通) ・招待する恩師を誰にするか宝徳さんより、高30回同窓生LINEで確認選定いただく事に決定。 ・「みんなで歌おう」の歌詞映像は、村嶋副会長がyoutubeなどから選定いただいてる。 ・名札やリボンき章は、今回の百周年記念総会を機に新調することで決定。 3.組織推進部より現状報告 ・学年幹事によっては、「体調不良で役を降りたい」「同期には積極的に連絡していない」のほか、そもそも学年幹事本人に連絡がつかないケースなどがある旨、ご報告あり(中野さん) ・高10回以下は、手分けして初動を掛けたがあまり進展なし。今度の総会が声掛けチャンスでもあり、今後はクラブ活動歴についても情報を訊くなどして、試行錯誤で会員拡大を図る。(玉川さん) 4.その他 ・新生ホームページについて(武尾さん) 新ドメイン取得。本部より校章、校舎の画像素材を支給してもらうが、皆さんからも画像素材を提供してほしい。 ・総会招待状(4通)⇒総会も、前日講演会出席者が引き続き出席することに決定。 会長、副会長(百周年プロジェクト)、副幹事長(幹事長代理)が出席予定。 ★次回の幹事会:2017/5/17(水)同場所同時間 以上

常任幹事会議事録 2017.03.15

2017年3月15日午後7時~9時 大阪市立総合生涯学習センター 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、伊達(22)、岡部(28) 幹事長=澤(24)、副幹事長=石津(28) 幹事=中野(24)、上林(29)、板澤(35)、宮本(45)、清水(45) 末信(47)、武尾(48)、玉川(52) 文責=板澤 1.百周年プロジェクト(鈴木) ・総会①百年DVD ②本部総会の様子(写真) ③思い出の青春の歌うたう会 ・山本会長、花田副校長にご確認⇒①②について使用可とのこと。 ②は古川(45)さんご担当、宮本さんより画像支給依頼連絡済み。 ・総会:企画立案(百周年プロジェクト)⇒運営(ゼロの回) ・百年アンケートおよび百年スライドは、回答世代が偏ったり、同様の写真が多い。 「朝ぼらけ」にてご紹介。(アンケートは読み物として面白いものもあり小冊子化も検討) ・村嶋副会長、③の曲名について年代毎の候補曲を紹介。 2.総会スケジュール ・3/15名刺広告受付締切(本日中に鈴木副会長まで連絡) ・4/15次回封入作業(14時より村嶋副会長宅にて) 3.組織推進部より(中野部長、玉川さん) ・本部名簿に照らすと約300名の関西在住者がわかった。 こちらにも総会案内を送付(郵送代1,000名分:従来分+300名を読み込んでおく) ・学年幹事に郵送連絡、返信ハガキは同封しておらず電話等でフォロー予定。 4.本部総会(6/10)招待状について(山本会長) 4通。会長、副会長(百年プロジェクト)、幹事長を想定。 5.ICT部より(武尾さん) ・新ホームページは、ワードプレス(月額983円)を導入することを了承。 ・コンテンツ管理、セキュリティーなど要件を満たしている。 ・デメリットは、テンプレートが決まっておりデザイン自由度に制限はある。 ・PC、スマホ、タブレットに対応。申し込みフォームなども可能。 ・百年記念総会の案内までは現行ホームページにて行う。 ・新ホームページは総会を目途にカットオーバー予定。 6.電子名簿について(岡部副会長) ・電子名簿(約11,000円=@8円+送料)の購入を了承。 ・大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、石川県、岡山県、鳥取県あたりを想定。 7.福高修学旅行キャリア研修訪問(11/16)について(澤幹事長) ・約60名(清水さん:弁護士事務所~20名+石津さん:ワンダーラボ大阪~40名) ・京大研究所(十河さん、西川さん) 8.企画運営部(上林さん、末信さん) ・新年会(1月)、ビアパーティー(8月)いずれも最終週金曜日にて決定。 ・3/18(土)月桂冠酒蔵まつり、5/27(土)第4回利き酒会のごあんない ★次回の幹事会:2017/4/19(水)同場所同時間 以上

常任幹事会議事録 2016.11.17

2016年11月17日午後7時~9時 大阪市立総合生涯学習センター 会長=山本(22)副会長=村嶋(17)伊達(22) 常任幹事長=澤(24)副常任幹事長=石津(28) 常任幹事=苅田 (23)中野(24) 清水(45) 玉川(52) 上林(29)宮本(45)渡部(45) 学年幹事=鬼塚(20) 文責=苅田 1.山本会長より 人事異動及び役割変更などを9月1日付にした。 これは100周年記念行事へ向けて適材適所を考えての変更で、11月の常任幹事会まで待つことの時間のロスを考えてのことである。 幹事会の皆さんにはメールで承認を得ることができた。 この体制で百周年記念会へ向けて進んでいきたい。 2.澤幹事長より 総会へ向けて各学年の学年幹事への連絡が必要となるが、連絡がとれない幹事が多いので再整理が必要である。このことは組織推進部へ任せる。(決定) 3.百周年記念プロジェクトについて スライドショーは自分の回の部分は盛り上がるが、他の回では盛り上がらない傾向にある。百年の世界の動きと福高の動きを重ねたらどうか。その時代に流行した歌を皆で歌うという案もある。何れにしても鈴木さんとの打ち合わせが必要である。(村嶋/案) 村嶋さんに似た案で本部がビデオを作る計画がある。それは6月10日に配信されるので、こちらで加工して間に合うかどうか微妙だ。岡部ICT部長が仕事のため、その時期に身動きが取れないのも心配である。しかしビデオの制作会社が大阪にあるということで、何らかの打つ手はあるかもしれない。(山本/案) *関西同窓会総会においては、例年の総会の講演の部分を百周年記念プロジェクトに置き換え、他の部分を当番幹事に任せるという形で進めていけばいい。鈴木さんから提出の提案をベースに進めていく。(山本/決定) 4.福高の修学旅行について 平成29年度の修学旅行の関西におけるキャリア研修への協力の要請があった。関西で活躍する先輩の職場を後輩たちに紹介するもので、候補としてMBSとパナソニックがあがった。MBSについては木田さん(高25回)に澤幹事長が連絡をとる、パナソニックについては、石津副幹事長がもちかえり社内で検討してもらう。(決定) 5.村嶋さんから熊本への募金持参の報告 熊本での募金を通しての交流やコンサートの様子を動画で鑑賞した。 6.来年度の新年会について *例年会場にしている堂島ホテルの廃業に伴い、新しい会場を見つける必要があった。また今までは学生の参加による会費の不足は、ホテルの好意により何とか処理してきたがこれからはそれができない。(上林/報告) *学生は半額の会費とし、足りない場合は同窓会が補填する。(山本/決定) *2017年度新年会1月27日(金)会費6000円学生3000円 場所新阪急ホテル(梅田) 例年のように学生を含めた参加をfacebookホームページで呼びかける。(決定) 7.組織推進部長より *同窓会内において住所などの個人情報をやり取りすることに問題はないか。(中野) *同窓会内だけであれば問題はないと思う。 愛知から岡山に及ぶ同窓会の情報がこちらにきていないことがあるので、本部と連絡を取って、もらえる情報はもらったほうがいい。(山本/決定) 8.緊急連絡網について 電話より、まずは携帯の番号を使ってのショートメールを活用してはどうか。(澤/案) 9.今後の常任幹事会の予定 百周年記念の総会へ向けて3月から5月は毎月一回行う。 3月15日(水) 4月19日(水) 5月17日(水)(決定) *資料では3月16日(水)、4月20日(水)となっていたので、本議事録をもって修正。(澤) 以上

常任幹事会議事録 2016.04.20

2016年4月20日午後7時~9時 大阪市立生涯学習センター 会長=山本(22)、副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22) 常任幹事長=伊達(22)、副常任幹事長=澤(24) 常任幹事=板澤(35)、末信(47)、渡部(45)、宮本(45)、有久(45) 文責=鈴木 1.総会準備進捗状況(澤副幹事長=上林さんが欠席のため、代理で報告) 総会準備で不明な点が多々あるようだが、当番幹事が昨年の引き継ぎ資料に基づいて準備を進める。基本的に準備はすべて当番幹事が行うことを確認。 2.総会参加者について報告 ①案内状を送った中で、宛先不明で帰ってきたのは19人(岡部) ②出席者確保のためにFBで情報発信と情報交換を行っているが、異動が多く全てをキャッチアップすることはなかなか困難である(宮本) 3.平成27年度の決算ならび28年度の予算(井上) ①井上会計部長から報告があった平成27年度の決算に関しては、適正かつ正確に処理されていることを、常任幹事会全員一致で承認 ②名簿作成の積立金を毎年しており、平成27年度までで550,000円となっているが、名簿作成の定が無い現在、このまま積み立てる必要な無いのでは →平成28年度から名簿作成積立金は行わない。名簿作成積立金は積立金と名称を変更する(決定) ③平成28年度は100周年企画のための予算を計上してはどうか(山本) →平成28年度は100,000円を計上する(決定) 4.百周年プロジェクト報告 ①アンケートに関しては、常任幹事からの意見を参考に、ICTサービス部と相談して設問を決めていく(鈴木) ②平成29年度の関西総会では年代別青春の歌メドレー・100周年記念同窓会合唱団などのアイデアがあり、今後プロジェクトチームで検討していく(村嶋) ③緊急提案として、熊本地震支援の募金をしてはどうか →平成28年度の総会で実施する(決定) 以上

常任幹事会議事録 2016.03.16

2016年3月16日午後7時~9時 大阪市立生涯学習センター 会長=山本(22)、副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22) 常任幹事長=伊達(22)、副常任幹事長=澤(24)、組織推進部長=中野(24) 常任幹事=苅田(23)、上林(29)、板澤(35)、末信(47)、渡部(45)、宮本(45) 学年幹事=阿部(26) 文責=鈴木 1.山本会長の挨拶 3月13日に福中・福高同窓会の新宮会長が亡くなられ、関西代表として山本会長がお通夜に参列。昨春から闘病されており、お通夜には約2300人以上が参列していた。 2.総会準備状況報告(上林) ①講演の演者は白石一文さんを第一候補に、第二候補もお願いしており、現在回答待ち。今週中には決定予定。来週中にはプログラムを決定、作成作業に入る(上林・報告)。 →内容が決定した段階で伊達幹事長・澤副幹事長に報告する(会長・指示)。 ②当日は高校時代の思い出の一コマや当日の参加者の映像を会場で流す予定 →来年の百周年に向けて思い出の写真を持参してほしいと「関西朝ぼらけ」で呼びかけているので、重複しないか(鈴木) →来年のプレとして行うので、良いのではないか。総会時にスキャニングしたデータを流してはどうか。来年の雰囲気がつかめて良いのでは(澤、板澤) →実施することに決定 ③オリンピックイヤーを記念し、自分への手紙を書いたものを上林さんが次の東京オリンピックの2020年に投函する →百周年アンケートを実施したいので、書いてもらうことが増えるのでは(鈴木) →ハガキは書いてもらわないことに決定 ④会費は8000円とし、敢えて遠方参加者の参加費を案内状に書かない。本部から来る当番幹事などを5000円にするかなどは受付で判断する。学生会員無料(決定) ⑤案内状封入作業は4月2日(土)午前10時30分~12時30分グランフロント会議室で行う。29回、26回(総会時に応援声明)で参加者を集めているが、人数が不確定。常任幹事で参加できる人は協力をお願いしたい。 3.百周年プロジェクト広報担当チーム報告(板澤) 文書広報部では百年スライドショーと百年アンケート(いずれも仮称)の実施に向けての準備を開始。 ①百年スライドショーは世代を超えた同窓生から募った写真を集めて、スライドショーを製作し、HPで公開するとともに、来年の総会で流す。写真はwebに公開することを事前に確認し、画像使用許諾をとっておく ②会員が持参した写真は総会で接写する ③百年アンケートは簡単にアンケートができ、おもしろい結果がでるように、項目を常任幹事からもアイデアをいただきたい 4.百周年プロジェクト企画チーム報告(村嶋) 現状はまだ始動していない。 4月以降に本格的に進めていく。プレ企画として、平和と復興への祈りと歌「中村哲医師講演会」を8月21日(日)、芦屋ルナホールで行う。 第一部は、檀美知生(村嶋紀久男)独唱と「奇跡の街合唱団」合唱。第二部は中村哲医師講演。福中・福高同窓会から協力名義をいただいている。 5.各部報告 ①文書広報部=2月20日に委員会を実施。関西朝ぼらけ17号では、百年スライドショーに向けた写真を募集している(鈴木)。 ②企画運営部=今年も利き酒会を実施する予定。2年続けて開催しているので、平等院観光を組み込むなどの新趣向を考えている。7月実施予定(末信)。 ③当番幹事引き継ぎ会=早めに会場を押さえたいので、6月17日(水)とする(澤)。 6.寄附のアドバイス(伊達) 百周年の寄附金に関しての税金控除について事務局に問い合わせてみた。 控除の適用は年金生活者でも給与生活者でも関係なく、確定申告すれば控除が受けられるとのこと。 7.次回の幹事会は4月20日(水)午後7時から大阪市立生涯学習センターで。 内容は事業報告・決算監査確認。 8.3/25 決定事項 ●恩師 森山正治先生 体育 (福高在任S47.6~53.3/S62.4~H11.3) ●講演 株式会社 まちづくり計画研究所 代表取締役 今泉重敏氏(高校29回) (他、総務省地域力創造アドバイザー・九州のぼせもん倶楽部代表世話人等) 「目からウロコのまちづくり」 以上

常任幹事会議事録 2015.06.24

2015年6月24日午後7時~9時 大阪弥生会館 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、岡部(28) 常任幹事長=伊達(22)、副常任幹事長=澤(24)、組織推進委員長=中野(24) 常任幹事=末信(47)、玉川(52) 2015年度当番幹事=福島(28)、富永(28)、武尾数久(48)・武尾愛恵(48) 文責:鈴木 1.山本会長の挨拶 6月14日に開催された本部総会に出席した。本部は100周年に向けて準備が着々とすすんでいる。 我々関西は地区の同窓会として、学年単位の募金動と違う側面から100周年をサポートしていく体制を取り、100周年を関西としてどう取り組んでいくのかを考えていきたい。 2.幹事会開催について(伊達幹事長) ・幹事会は下記の内容で①~③が開催されていたが、総会で報告する事業・会計について事前に審議・承認を行う必要があり、④を追加する →全員一致で承認 ①当番幹事引き継ぎ(6月) ②常任幹事・学年幹事合同(11月) ③総会準備確認(3月) ④当年度の会計監査報告、次年度の事業・予算の審議・承認を行う(4月) ・学年幹事が同期に対して総会参加を促す意識を持ってもらうため、3月に学年幹事を集めてはどうか(岡部) →検討事項とする 3.創立100周年に向けプロジェクトチームを発足させる(伊達幹事長・澤副幹事長) →承認 ・11月の常任幹事会までをめどに、幹事長・副幹事長が大筋の方向性を決め、人選のたたき台を作成する →決定 ・学年単位で行う募金のサポートは必要であろう(村嶋) ・関西の総会はどのようにするかなども考えてほしい(山本) 4.本年度総会の報告(岡部副会長) ・総会は総員122人が参加。 ・収支は、収入準備金200,000円+参加費809,000円。支出880,587円で128,413円のプラスだった。 井上さんが自治体の簡易印刷機を使って印刷に協力してくれたおかげで、印刷費が、極端に安かった。 ・高齢の会員の方から料理の量が少なかったとの声が聞かれたので対策が必要か。 ・今回は応援団のOB集めに対して、大枠30,000円、一人最大7,000円の補助を出し、総会費の割引を行う(8,000円⇒5,000円)という方法をとった。 この方法を来年度以降も引き継ぐかは、別途常任幹事会で協議する。 ・総会運営に関する細かい手続き等は9の回に引き継ぐ。 5.ITCサービス部の常任幹事追加(岡部副会長) ・高田氏が東京転勤のため、武尾数久さん(48)・武尾愛恵さん(48)を常任幹事として、ITCサービス部に入ってもらう →全員一致で承認 6.11月の常任幹事会は大阪駅前第2ビル・5階の総合生涯学習センターで行う →決定

常任幹事会議事録 2015.03.11

2015年3月11日午後7時~9時 大阪弥生会館 会長=山本(22) 副会長=鈴木(20)、井上(22)、岡部(28) 幹事長=伊達(22)、澤(24) 常任幹事=中野(24)、清水(45)、渡部(45)、末信(47)、玉川(52) 文責:渡部 1.挨拶(山本会長) ・再来年の創立100周年に向けて、縦と横の繋がりを強化しつつ盛り上げていきたい。 イベント予算は学年毎に割り振られる模様。 さしあたり、5月の関西総会に向けて準備していこう。 2.次回総会準備進捗報告(岡部副会長) ・2015年5月16日午後2時~4時30分、ホテルエルセラーンで実施。 決定事項は、スピーチ:18回吉田氏、恩師:田中先生(英語)、司会:28回大塚真理氏。 来賓として本部会長や校長を迎え、呑む時間を長くとってくだけた会にしたい。 昨年のイベントの模様をスライドで流す。太鼓は予算の都合上今回は見送り。 【告知について】 チラシのゲラチェック⇒承認。 3/28に岡部氏宅で案内状等の封入作業を行い、4月上旬に発送。 730部ほど。4/20までに返事をいただけるよう記載。 郵便にかかるコストを下げることが課題。 3.各委員会からの報告 ・会計=総会はほぼ予算通りで収まった。 会費収入が40万の見込みに対して36万円であった。 振込の際には、卒業会を明記するよう依頼する。 ・企画運営部=新年会はほぼ予算通り(若干の赤字)であった。 今年の利き酒の会は6末~7頭で手配する。 参加者多数の場合は、船(定員19名)の数を増やす。 宴会場は定員40名とのこと。他にもイベント企画予定。 ・組織推進部=幹事会出席率も高く、会長のサポートをしっかりしていく。 ・文書広報部=2015年発行の関西朝ぼらけを、1500部に増部。6P~8Pになる。 本部で配布する分を増刷した。その予算は+1000円くらい。 トータルの予算で16万弱になる。⇒承認 ・ITCサービス部=HP告知に対するレスポンス率について、やはり同時にメールを送付するとレス率は上がる。 問題点は、告知等に使用する名簿のメールアドレスが会社PCや個人の携帯アドレスが多数見受けられ、エラーで届かない場合もある事。 以上

常任幹事会議事録 2014.11.12

2014年11月12日午後7時~9時 大阪弥生会館 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、岡部(28) 幹事長=伊達(22) 常任幹事=中野(24)、清水(45)、有久(45)、宮本(45)、末信(47)、玉川(52) 文責:鈴木 1.近畿修猷会総会の出席報告(山本会長) ・11月8日の開催の近畿修猷会総会に出席。 同好会の発表などがメインで、当同窓会総会とはかなり雰囲気が違っていた。 2.各委員会からの報告 ・会計=総会で赤字を出すこともなかったので、問題なく運営できている。 今年度は総会運営に会計も入りうまくいったので、来年度総会にも、運営に加わりたい ・企画運営部=恒例行事(総会・ビアパーティー・新年会)に加えて7月5日の利き酒会(伏見)、11月23日のラグビー応援(京都)を開催。 利き酒会は多くの参加者に喜ばれたので、恒例行事に加える(承認)。 新年会は2月6日堂島ホテルで予定。 担当は上林さん ・組織推進部=前部長との引き継ぎ会を予定。 学年幹事の充実をはかる ・文書広報部=来年度発行の関西朝ぼらけを、経費1000円ブラスで1500部に増部(承認)。 従来4Pだが、6Pも検討する ・ITCサービス部=名簿の整理を継続中。 イベントの告知をHPに掲載。 そろそろ総会告知も考えている 3.次回総会準備報告(岡部副会長) ・2015年5月16日午後3時~、ホテルエルセラーンで実施。 福岡に戻った吉田さん(18回)のお話が決定。 恩師は田鍋先生(31回)を予定。 アイディア募集中 4.同好会報告(村嶋副会長) ・どんたく会、囲碁のうろうろ会が活動中 5.要望事項 ・村嶋副会長から、同じ17回中村哲さんとのジョイント講演を考えている →趣旨に賛同できるので、広報活動などできる範囲で協力する

常任幹事会議事録 2014.07.30

2014年7月30日午後7時~9時 大阪弥生会館 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、岡部(28) 幹事長=伊達(22) 常任幹事=中野(24)、上林(29)、成瀬(34)、板澤(35)、宮崎(36) 清水(45)、有久(45)、渡部(45)、末信(47)、玉川(52) 文責:鈴木 1.会則改正(山本会長) ・以下の5項目を変更(赤字の部分を青字に変更)したい旨を説明(※印参照)。変更点は満場一致で承認 ①第3条2 会員名簿の発行→会員名簿の整備・保持 ※個人情報保護法施行後、名簿発行は事実上行わないため、文言を変更 ②第6条 会計1名→会計若干名、事務局長を削除 ※会計が1名であると、万が一の場合に支障が出るので増員 ※今まで常任幹事長と事務局長の2本立てだったが、幹事長に一本化。事務局長の役割であった対外的な窓口は副幹事長が担当し、速やかに変更の旨の連絡を関係同窓会等に行う ③第8条 事務局長を削除、常任幹事長→幹事長 ※常任幹事長の呼称を幹事長とする ④第9条(4)(5)をまとめる (4)幹事長は常任幹事の総括および本会の総括窓口として、会務の執行に当たる。以下の条を繰り上げる ※幹事長と事務局長の各担務を幹事長に一本化したため、条文をまとめた ⑤第16条 ただし、一括納入する場合は…以下4行を削除 ※現在会費の一括納入による特典はすべて廃止しているため、該当項目を削除 2.出席者の自己紹介 3.次回総会準備報告(岡部副会長) ・順調に進行中。28の回を中心に若い代までオール8の回で運営していく方針 ・常任幹事会から会計、企画の部分で総会運営に参加する 4.納涼会について(伊達幹事長) ・昨年まで伊達幹事長が企画運営部で担当。 今年度企画運営部メンバーが伊達幹事長から引き継いで、各学年幹事への連絡などを担当する。 詳細は企画運営部の中で決定し、進めることで了解

常任幹事会議事録 2014.06.11

2014年6月11日午後7時~9時 大阪弥生会館 会長=山本(22) 副会長=村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、岡部(28) 常任幹事長=伊達(22) 常任幹事=中野(24)、板澤(35)、清水(45)、末信(47)、玉川(52) 文責:鈴木 1.新会長紹介(鈴木・報告) ・友松前会長は病気治療のため3月に辞意を表明され、後任として山本組織推進部長を指名。 6月1日付けで山本会長が誕生した。 2.山本会長のあいさつ ・本部では3年後の100周年に向けて着々と一丸となっている。 関西も一翼を担って、一つになって頑張っていきたい ・明るい同窓会にしたい 3.本部総会出席の報告(山本) ・福中・福高同窓会会則第8条の変更により、本会は正式には「福中・福高同窓会関西支部 関西福中・福高同窓会」となった。運営などは従来通り。 ・100周年事業として、講堂の建設、留学生基金整備などが進んでいる(鈴木・報告) 4.第31回総会の結果報告 ・参加114人で総会は盛会だった。 案内状を約700通出し、40通が宛て先不明で返送された。若い世代への郵送案内は不要ではないか。 席次配置や機器操作などで小さな問題もあった。 参加が少ない学年に向けての働きかけが必要(末信) ・東北支援活動の報告は熱心に聴いてもらい、懇親会前に講演を設定したのもよかった。 カンパは78500円集まった(村嶋) ・収入は776000円。支出は887652円。 例年、会から20万円補助しているので、今回は88348円の黒字となった(井上) 5.第32回総会に向けての決意表明(岡部) ・現在、28回の同期を集めている ・毎回、若い人の参加費がまちまちなので、統一してはどうかとの意見があり、学生=無料、20代=3000円、遠方から=5000円、一般8000円で決定 6.酒蔵見学について(末信) ・18人の参加者があり、行程を2版に分けて実施する予定 7.次期常任幹事会について ・現在、兼任になっている事務局長の扱いと欠員が出ている常任幹事の補充について、会長が組織案をメールで常任幹事に配信し、その後常任幹事会を開催して審議・決定する。 次回常任幹事会は7月30日(水)午後7時~、弥生会館で(決定)

常任幹事会議事録 2013.10.01

※2014年度の31回総会のための当番幹事(27回)が不在のため、緊急対策会議を会長・副会長・組織推進部長の7名で開催 2013年10月1日午後7時~9時 大阪弥生会館 会長=友松(13) 副会長=片江(17)、村嶋(17)、鈴木(20)、井上(22)、岡部(28) 組織推進部長=山本(22) 文責:鈴木 1.27回当番幹事へのアプローチ結果(敬称略) ・学年幹事小川氏は現在東京へ単身赴任中のため、継続しての活動は不可能 ・本部から紹介があった東田氏は病気療養中のため活動不可能 ・片江さんが接触した田村氏は仕事の都合上、継続しての活動は不可能 2.31回総会対策 ・上記の理由より、27回当番幹事中心の総会開催は不可能と判断 ・常任幹事会の中で31回総会プロジェクトチームを発足させ、総会運営を行う。 プロジェクトチームメンバーは村嶋(17)・片江(17)・鈴木(20)・伊達(22)・井上(22)・宮本(45=予定)・玉川(52)とする ・27回をはじめとする「7」の回の同窓会会員には引き続きアプローチをし、総会運営の一旦を担ってもらうようにする 3.合同幹事会の開催 ・常任幹事、学年幹事の合同幹事会を10月30日(水)午後7時~、大阪弥生会館で行う ・合同幹事会の後、31回総会プロジェクトチームで初会合を持ち、総会の方向性を決め、準備態勢に入る

常任幹事会議事録 2013.06.28

2013年6月28日午後7時~9時 大阪弥生会館 出席:副会長=友松(13)、片江(17)、鈴木(20) 常任幹事=村嶋(17)、井上(22)、伊達(22)、江野(33)、宮本(45) 当番幹事=篠原(26)、宇土元(36)、神尾(46)、高田(46) 文責:鈴木 1.新会長について(片江幹事長・承認) ・市橋会長の急逝の報告後黙祷。 ・新会長に友松さんにお願いする件は、全員一致で承認。「市橋会長が急逝され、緊急事態であるため、市橋会長が残された任期をまっとうする」(友松新会長) 2.平成25年度の新役員について(片江幹事長・承認) ・文書広報部から独立して、ICTサービス部(部長・岡部28回)を設立 ・事務局長・常任幹事長にそれぞれ副事務局長・副常任幹事長を置く ・各部の部長は副会長との兼務とし、副会長を増員する (山本組織推進部長は来春退任予定のため除く) ・新しい常任幹事として中野(24)・上林(29)・成瀬(34)・板澤(35)が加入 ・片江幹事長から提案された「新役員案」に関して、企画運営部村嶋さんから伊達さんが副幹事長で抜けてしまうと同部が手薄になるとの意見があり、伊達さんを兼任とすることで、全員一致で承認(下記表参照)。 ・新役員の顔合わせは8月30日(金)のビアパーティーとし、それまでは旧体制で活動する。 3.平成25年度の新役員について(片江幹事長・承認) ・文書広報部から独立して、ICTサービス部(部長・岡部28回)を設立 ・事務局長・常任幹事長にそれぞれ副事務局長・副常任幹事長を置く ・各部の部長は副会長との兼務とし、副会長を増員する(山本組織推進部長は来春退任予定のため除く) ・新しい常任幹事として中野(24)・上林(29)・成瀬(34)・板澤(35)が加入 ・片江幹事長から提案された「新役員案」に関して、企画運営部村嶋さんから伊達さんが副幹事長で抜けてしまうと同部が手薄になるとの意見があり、伊達さんを兼任とすることで、全員一致で承認(下記表参照)。 ・新役員の顔合わせは8月30日(金)のビアパーティーとし、それまでは旧体制で活動する。 4.総会報告(26回篠原 報告) ・第30回記念総会として中村哲先生(ペシャワール会代表・17回)に講演していただいたこともあり、170名(会費支払い131名、学生20名、来賓12名、同伴者7名)と、前回・前々回を大きく上回る動員ができた。 ・会場を利便性が高いホテルエルセラーンに変更し、完全着席方式にしたため、飲食代が約113万円(1名6500円)とふくらんだ。加えて会場費の時間延長代(講演時間は通常会は30分程度だが、今回は1時間)8万7000円や応援団費用も約12万5000円などと合わせて、結果22万5198円の赤字となったことをお詫びする。 ・通常年の総会においては、収入が限られていることを考慮した運営のあり方について検討が必要である。 ・平成26年度総会を担当する27回の担当幹事を早急に探す(本部堺事務局長が27回のため、知り合いを紹介してもらう←鈴木が連絡)

常任幹事会議事録 2013.03.14

2013年3月14日午後7時~9時 大阪弥生会館 出席:会長・副会長=市橋(10)、友松(13)、片江(17)、鈴木(20) 常任幹事=桑野(13)、伊達(22)、山本(22)、宮本(45) 当番幹事=篠原(26)、立石(36) 文責:鈴木 1.関西朝ぼらけについて(20回鈴木 報告) ・3月末の発行に向けて、作成中。14号は高5回の杉原さんや62回の下川さんに投稿をお願いすることができ、広い世代が参加する紙面となった。 2.東京総会、本部総会の出席について ・本部総会は市橋会長が出席される(決定)。 東京総会も市橋会長が90%参加予定。 20回鈴木も0回応援として東京総会に参加するので、東京には関西から2名の参加と報告 3.総会準備(26回篠原、36回立石 報告) ・参加人数は160-180人の見込みで計画している。 会場レイアウト上、10%程の増加に対応可能 ・ペシャワールの会との連絡は篠原さんが担当。 中村哲さんは前日関東、会場には1時間前に入られる予定。その後の行動はまだ把握できていない。 高校8回の乃美様ほか数名のペシャワール会ボランティアが参加予定 ・ペシャワール会募金を予定、募金箱は関西にもあり使用可能。 未確定事項について当会と打ち合わせする(→当番幹事) ・公演時のパワーポイントの操作は46回高田さんが担当する予定 ・応援団は東京から前田さん、北九州から福崎真子さんが応援出演の予定。 交通費は会からの出費で決定 ・会費は現役生以下無料。会員と同伴の未成年も無料とすると決定 ・語り部コーナーを考えているので、常任幹事会で推薦する人がいたら教えてほしいとの要請に、何人か推薦者(ex鈴木→20回山田健司=二期会所属オペラ歌手)でたが、懇談会では催しを詰め込んでも聞く人がいないのではないかとの意見もでた。 →今後、当番幹事で検討 ・総会案内状の発送は3月30日に市橋会長の法律事務所をお借りして当番幹事10名程度で行う。 朝ぼらけの手配(→鈴木)、会費振込用紙の手配(→井上)。 発送用の封筒は事務局から手配(800枚) ・来賓宛案内状は事務局より発送

常任幹事・学年合同幹事会議事録 2013.01.10

2013年1月10日午後7時~9時大阪弥生会館 出席:会長・副会長=市橋(10)、友松(13)、片江(17)、鈴木(20) 常任幹事=村嶋(17)、伊達(22)、井上(22)、苅田(23) 岡部(28)、宮本(45)、清水(45) 学年幹事=吉田(12)、上林(29) H25年当番幹事=篠原(26)、立石(36)、高田(46) 文責:鈴木 1.会長あいさつ ・今年の総会は30回の記念総会となる ・90回ラグビー全国大会出場メンバーが筑波大学で頑張っている。文武両道で、福高OBとして誇らしい 2.平成25年度総会準備(26回篠原、36回立石)報告 ・5月18日(土)午前11時30分~午後3時、ホテルエルセラーン大阪で開催。新会場となるホテルはクロークがないため、総会スタッフでクロークを運営する。 ・来賓控え室は15階に確保する ・会費は一般8000円、現役学生無料とし、20歳代は3000円とする。(決定) ・30回記念講演として、ペシャワール会現地代表の中村哲さん(高17)に依頼。 1時間枠を確保するため、今年は開始を30分早め、午前11時30分とする。 中村哲さん講演のため、参加者が増える可能性がある(最大180人まで収容)。 ・恒例の応援団演舞では、今回の会場は太鼓が使えるため、応援団OBで太鼓をたたける人を募集する。 ・恒例の「祝いめでた」の歌唱を景気よく賑やかにするため、本部総会で出演する、いわゆる名物三人衆に依頼してはとの要望がありましたが、太鼓の叩きて招聘などで経費がかかることを考えると、前年通りでいいのではないかと収まった。 3.関西朝ぼらけ2013年度号について(鈴木)報告 ・3月末の発行を目指して準備中。 今回は各学年の活動報告を中心に編集を予定。 各学年幹事にアンケートを配布して、協力を要請。 ・同時に各学年および個人に広告の協力も依頼。 4.近畿修猷会参加報告(鈴木)報告 ・11月3日の近畿修猷会に出席。 3時からの開催なので、終了が6時過ぎとなり、2次会への流れとしては、時間的にちょうど良かった。 ・クラブ活動が盛んで、その成果を発表する文化祭のような楽しさがあった。 5.紅梅会参加について(片江) ・紅梅会は東京からは参加していず、関西からはできれば参加する方向で決定。 ・福岡での開催のため、交通費は自費負担、祝儀は会負担とする。 6.新年会開催について(伊達) ・恒例の新年会を1月25日(金)、堂島ホテルで開催するが、参加者集めに毎回苦労をする。 今後は土曜日の午後とか開催日の変更も考えている。 →まずは、新年会の開催のPRを会員全体におこなうことが先決ではないか。朝ぼらけやHPに掲載して、より多くの人に周知できるよう広報委員会も努力する(鈴木) →新年会は常任幹事だけの集まりと思っている会員もいるので、もっとPRが必要では(学年幹事からの意見)

常任幹事会議事録 2012.06.28

2012年6月28日午後7時~9時 大阪弥生会館 出席:会長・副会長=市橋(10)、杉原(5)、友松(13)、片江(17)、鈴木(20) 常任幹事=村嶋(17)、山本(22)、伊達(22)、井上(22)、篠原(26) H24年当番幹事=赤崎(25)、木田(25)、宮本(45) H25年当番幹事=阿部(26)、重谷(36)、神尾(46) 文責:鈴木 1.会長あいさつ ・今年度の総会はまとまりがあり、非常によくできていた。 当番幹事の皆さんに感謝する。 現役大学生が壇上で一言語る趣向も、とてもよかった ・辰巳・杉原副会長は2年前に辞意を表明され、会長預かりとなっていたが、この6月30日をもって、退任とする(全員が承認) 2.平成24年度総会総括(木田) 報告 ・出席者は125人(来賓8人、会員93人、学生24人) ・総会はメニューを詰め込みすぎて、歓談の時間が少なかった。 現役大学生のフォローの時間も少なかったと反省している ・現役大学生への勧誘はFBが効果的(45回・宮本さんが対応)だが、30代~40代の人たちが思ったほど集まらず、出席を増やす工夫が今後必要と感じた 3.平成24年度総会会計(赤崎) 報告 ・収入は参加費(699,000円)+ご祝儀(70,000円)+準備金(200,000円)=969,000円。支出は845,756円で、差額の123,244円を会に返却することができた ・受付で毎年、会費支払済みの方への対応でスムーズにいかないことが多い。 今後は新しく会費の10年払いを受け付けないことに、全員一致で決定 4.平成25年度総会準備について(阿部) 報告 ・平成25年5月18日(土)にホテルエルセラーン大阪(堂島)で行うことに関しては、全員が承認 ・会費は会員9000円、学生2000円、20歳代5000円にしたいとの提案があったが、今までどおり、会費8000円、学生無料で行い、不足分は会から補ってはどうかとの意見が出た。 会費については継続協議する(20歳代は未定) ・定時制との合同開催の案が出たが、今まで通り、全日制のみで行うことに決定 5.他地域同窓会参加報告(市橋会長) ・4月21日東京、6月10日福岡の総会に出席。関西が在校生を招いていることが注目されている ・東京は朝ぼらけの発行に注力している 6.常任幹事・学年幹事の整備に関しての報告(山本) ・空席であった学年について、8学年で学年幹事が決定した。 35回=板澤達雄、36回=立石文彦、39回=宅真由美、48回=三宅敬士、59回=高橋拓弥、60回=吉田沙和美、63回=末松千知、64回=野中崇之 ・27回、31回も学年幹事が転出のため、実質上学年幹事が不在になっている。 基本的には同期同士の話し合いで幹事をきめてもらう方向で、前学年幹事に連絡をとる ・組織推進部では、今里(21)・篠原(26)の2人から退任の申し出があり、清水(45)・玉川(52)の2人を山本部長が推挙。 組織推進部の新体制は、山本(部長・留任・22) ・江野(留任・33)・清水(新任・45)・玉川(新任・52)の4人で行いたいと提案。出席者全員が了承 7.企画運営部からの報告(伊達 22) ・恒例のビール祭りを8月31日(金)、スーパドライで開催。 別途案内をホームページ等で案内する。

常任幹事会議事録 2012.03.21

2012年3月21日午後6時30分~9時 大阪弥生会館 出席:会長・副会長=市橋(10)、辰巳(6)、友松(13)、片江(17)、鈴木(20) 常任幹事=桑野(13)、村嶋(17)、山本(22)、伊達(22)、井上(22) 苅田(23)、岡部(28)、江野(33) 当番幹事=赤崎(25)、木田(25)、板澤(35) 清水(45)、宮本(45) 古賀(51) 文責:鈴木 1.会長あいさつ ・来年度の総会会場を、JR大阪駅周辺にしてはどうかとの提案 2.平成24年総会準備(木田) 報告 ・今年度も大阪駅周辺で会場を探してみたが、価格面で厳しい ・恩師として、山本宝紀先生(社会)をお招きする ・講演は九州産業大学・飯高由希雄教授(25回)に依頼。 テーマは「博多の広告の移り変わり」。 懐かしいCMを流す予定 ・ラグビー部・森監督にインタビュー(by木田)を福岡高校で実施した。 最近の福高生気質や、関西同窓会への全国大会出場時の応援感謝の言葉を聞けたので、総会時にビデオレターとして流す ・イベントとして、現役大学生の就活に役立つような仕掛けも作る 3.総会予算と総会案内発送について(赤崎) 報告 ・昨年度実施分を参考に、総会会費収入(70万円)+同窓会からの補助(20万円)、計90万円でやりくりできるように、支出を調整している ・会費は8000円、56回~63回の社会人は2000円、現役大学生無料とする→確認 ・総会案内状は4月4日に発送予定。 封筒は友松さんから、振込用紙は井上さんから、朝ぼらけ・名簿は鈴木から、当番漢字の赤崎さんに送り、総会案内に同封する ・会計報告書は井上さんから赤崎さんに送り、総会当日に出席者に配る 4.監事の交代について 決定 ・現監事の桑野さん(13回)から、45回宮本さん(税理士)に監事をお願いしたいと常任幹事会終了直前に提案あり。 内容は平成23年度の監査までを桑野・宮本両氏で共同して行い、24年度からは宮本さん(45回)に引き継ぎたいというもの。 周辺にいた委員には賛同を得られたが、出席者全員の決議が取れずに閉会した。 このため、片江常任幹事長が後日メールで、前記事項について18人の常任幹事に賛否を問い、14人が賛成との返信があった。 結果、桑野さんの提案通り、23年度は桑野・宮本両氏で監事の業務を行い、24年度から宮本さんに引き継ぐことを決定した。